function foo()
{
}

2015年4月29日水曜日

Ansibleと1Password

1Passwordさんから「新しいバージョン出たよ」と言われるのでダウンロードしようとするも、なぜか失敗し続ける。なぜだろう?と思いライセンスを確認すると試用版で期限が残り5日。
ライセンスキーを入れれば良いのね、と思ったのだが元々使っていた奴はApp Store経由で購入したものであり...ライセンスキー??見たことないぞ。

ってなことで、一度アンインストールしてApp Store経由で入れる方法へ転換する。
# brew cask uninstall 1password
だとうまくいかないので 
# rm /Applications/1Passord¥ 5.app
# rm -rf /opt/homebrew-cask/Caskroom/1password
で削除。Ansibleのymlファイルからは1passwordは消しておいて。AppStore経由でインストール。

これが正しい削除の方法かはわからんが、とりあえず問題なく動いているようにみえる。
ただ、「最新版は5.3.1よ」と言われた割に現在入っているのが5.3な気がするのが謎。

ChromeもAnsibleで入れたわけだが、1Passwordが「Applicationの下に普通に入ってるアプリじゃないと連携したくないです」と主張する。仕方ないのでこちらも入れなおし。こちらはbrew cask uninstallで消えた。どのあたりに違いがあるんだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿